庭潤日記

植木屋の日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

したく

まもなく まもなくだ









門松横綱編み込み








スポンサーサイト
  1. 2017/12/28(木) 21:29:21|
  2. 現場|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

長雨

雨の石組みも、なかなか楽しいものだ

関東の土は雨が降ると、ドロドロのコテコテだ

土がうむって言う

ぬかって来るって事ですね

足下がずっこまないよう 歩み板を組み、石をベタ車で運び、三又ですえる


雨続きの中、絶対にこなしてやると言う楽しさ

こいつは、やんなきゃ わかんねえな 









立手水


  1. 2017/10/20(金) 22:25:59|
  2. 現場|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

そこにある物


手に取るところに竹藪があったので竹穂を拾い集め、垣根にする


貴重な材を持ち込むも良し

そこにある物で造るも良し










竹穂垣 袖垣


  1. 2017/10/07(土) 20:29:36|
  2. 現場|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

貫伏せ

土壁中塗り仕上げ

貫にそって割れを防ぐ為に、藁で貫を伏せる

投げスサってのは ここから来たのかな







土壁






  1. 2017/10/06(金) 17:30:48|
  2. 現場|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

一所懸命


職人として庭作り現場に入る

そう言う折をいただいた

職人として向かうからには、ひたすらに動く

とにかく早く的確にだ


勝負は朝飯から始まる

車への乗り込み、地下足袋を履くことも 当然だ

現場は戦いだ

スコップの扱いの早さ

三又の扱い

玉かけの的確さ

人よりも重い石を担ぐ

皆が必死で勝負する

一瞬でも怠れば、良い仕事は速い者に取られる


早う 美しゅせなあかん

こう 教わってきた

これが職人の世界だ


思いっきり働くことは、気持ちの良いことである

















  1. 2017/06/25(日) 13:06:33|
  2. 現場|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。