FC2ブログ

庭潤日記

植木屋の日々の出来事



道とは歩いていくものである
道とは大切な物事を繋ぐものである
山道、街道、参道、習い事の道や人の道

よく聞く話だが、それには近道はなく、曲がりくねり登ったり下りたりする。

なぜだろう
それは大切だからである。大切なものを削ったり埋めたりしては道ではなくなる。
それだけのことじゃないか。



古い農村を歩く
山の縁を川が流れ、またそれに合わせ平らな所に田畑が耕され、場合によっては野を作る為、石が積まれている。
山の麓というのは、必ず出入りを繰り返している。
入り組んだ谷地は水が染み出し、湿気がある。
山水はそこから染み出し、次の谷へと集まり川になる。
そして山の張り出した、落ち着いたところに旧家があり、
そこから下ったところや、畑の端に新家が見える。
そして旧家より高い、土地の良いところにお寺があり、その奥に社がある。

道は田畑を巡り旧家へと続き、やがて社や寺に向かう。
山のなり、川のなりに合わせ巡っている。
時には山は崩れ川は溢れ人の命を奪う恐ろしい自然でもあるが、
本来、たくさんの生き物と同様、山や川がないと人も生きてはいけない。
そして人は集まり力を合わせないと、なかなか生きていくのは苦しいものだ。
そのために社寺がある。
その大切な、なりに合わせ道は巡る。

道は村から街へと向かう。
尾根道であったり、川伝いであったりしながら、街道につながり宿場町を通り、
街へと向かう。
その場その場の大切なモノのなりに合わせ、巡っている。

ところがどうであろう
現在、その様な道は見当たらない。

道は無くなり、真っ直ぐな道路になってしまった。
もしかしたら道路さえ使わなくなっているかもしれない。

何故だろうと考える

人が偉くなってしまった、人が大切になり、個人のなりで動いている。
目の前の大切なモノから目を背け、個人の都合でまっしぐらになっている様な気がする。

これで良いのかな
大丈夫なのかな

本当に大切なモノが見えなくなり、気にしなくて良いことを気にしている様にも感じる。

道はどこへ行ってしまったのか


曲がりくねった道を探す事にしようか















  1. 2020/09/15(火) 06:00:36|
  2. 思い|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

共感


文化とは共感である


先日、ある講座を受けてきた

数寄者の庭園講座だ、普通では拝見することの出来ない大邸宅

明治時代に建てられた邸宅で、建物も庭も夢の世界だ

広大な敷地に伸びやかな日本建築

日本の建築 庭を学ぶ者でなくとも心を打たれてしまうであろう



そんな中、何の違和感もない完璧な空間の一角に、とてつもなくアクの強い場所が現れた

その場をしつらえた作家職人が説明をしていた

何でこんな風にしてしまったのであろう。私は息苦しくて、その気を感じぬよう そっぽを向いていた

それだけ見ればすばらしい物だと思うが、この景色に全くそぐわないのではないだろうか

意味がわからず、全く持って気分が悪くなった。ついでにその作家職人に対しても気分が悪くなる



見学が終わり、教室で講義となる

その作家職人も出てきた

何を話すんだか変に興味が出る

「私が監修の先生から、今回のお話しをいただいたときに驚きましたが、ひとつやってやろうという気になりました。
 私の存在を示す、残す大きな時・・・」

そのまんまじゃねえか、本人そのものが出すぎだ

「実はこう言うことをこんな場で申し上げるのもどうかと思いますが、必死に作りその場におさめたら、私はこれで良かったのかと言う気になりました。自分が出過ぎている。先生はこれで良いのですよとおっしゃいましたが、私は今もそう感じています。」


この人は気が付いていたんだ 苦しんでいるんだ

こちら側と同じ一人の人なんだ

しかもこんな大勢の場で発表している

勝手な話だが、一気に親しみが湧いてきた



明治期に施主を始めたくさんの人の思いで 邸宅が建てられ、太平洋戦争を乗り越え、持ち主を変えながら、今ここにある

そして また新たに化粧をされ、時を重ねていく

そこには 様々な思いも重ねられていく

苦しみ 感激を



あの場所が良い物なのかは、私には今も良くわからないが

今 私は大いに共感をする




まさに あの場の思いこそが、日本の文化 そのものなのではないだろうか



















  1. 2017/09/24(日) 00:00:00|
  2. 思い|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

よくぞ


あれから 2年半の月日が流れた



古来、ヒトは 心 という物を手に入れたのが、始まりなのかも知れない

数千年前なのか、はたまた数万年前なのか いつだかは知らないが

大きな心を持つ物が、村という物を造り、そして国を造っていく

そして その中には、たくさんの小さな心が生まれていく


心は 無いものを追い求め、またそこから逃げていく

人類は心と言う物と、ひたすらに もつれ争っているのかも知れない



がんばれば がんばるだけ、何かから逃げたくなる


私も、もちろん例外ではない


仕事の現場では、ねつこくがんばる

すると酒を飲む

酔えば 面倒なことは後回し

これでは良くないな

ある方に教わった

「一点集中 先延ばしは無し」

いやはや 逃げております



ある仕事の仲間がいる

弟のようなヤツだ

素直で、手先も器用 よく働く

難しい現場も快く働く

しかし

しかしである、幾分するとふっといなくなる

張りつまるのであろう


張りつまると、その場から逃げる癖を持っている


そう 

少年野球の厳しい練習から、ふっと立ち去るそれだ


そんなこんなでも良く働いてくれていたが

ある時、彼はふっと姿を消した

思うところがあるのだろうと、そっとしておいた

もう しばらくは姿を現さないだろうな


彼のすごいところは、自分の癖を知っている事だ

苦しいことから一度は逃げるが、ひとつ間を置くと、また挑んでいく


何に挑んでいくのかは、本人にも誰にも分からない

分かる必要もない


うわさを聞いた

随分と厳しくがんばっているなあ。


私は安心していた

何処だっていい 曲がっていたっていい

ヤツは自分に向かっているだろうから

それは わかる




ある時 ふっと縁の波を感じた

心が落ち着いてきたのかな




あれから 2年半の月日が流れた


ふと やって来た

まるで2年半前の続きのような現場だ

さぞかし気を込めたことであろう

よくぞ よくぞ戻ってきてくれた



しかし よぅ

何も変わっちゃ いねえじゃねえか

そのまんまじゃあねえか


よくぞ 変わらずにいたじゃねえか

そのまんまでいいんだ


向かい合ってりゃいい

おれはそう思うよ

そうだろ


すごいよ




ありがとう

私は 彼に勇気をもらった




















  1. 2017/06/18(日) 06:43:08|
  2. 思い|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

春も哀れかな

今 まさに萌葱の時

武蔵野に浮かぶ森の梢は、まさに まさに、その時である


二月の始め、立春を過ぎると、森は すこーしずつ、水をあげてくる

その梢は、少しずつ 少しずつ、日に日に、赤みをおびて太くなって行く

そして 今 全力で若葉を吹き始める

どんなに寒が戻ろうが、誰もこれを止めることは出来ない

喜ぼうが 惜しもうが 春を止めることは出来ない


これはこれで、なんと せつなく 哀れなことであろうか

秋の散りゆく木の葉だけではない




二十年ほど前のこと

旅先で一人の同世代アメリカ人と出会った

名前も顔も忘れてしまったが、なんともせつない目をしていたことは覚えている

その彼は私に「哀れとは何か」と言うようなことを英語で尋ねてきた

「哀れって言ったら、みっともないことじゃねえか」と私は日本語で応えた

すると 何やら写真を見せながら

「日本のこう言うような情緒が好きなんだ」

と言うようなことを また英語で語ってきた

その写真の事も、今 覚えていないが、散りゆく情景が映し出されていたような気がする

そして そこにいた数名でそのことについて語り合った




あれから 二十年ほどすぎた



そして この今 

この美しい春に この とりとめもない春に

わたしは 哀れびを感じている



















  1. 2017/04/11(火) 19:04:26|
  2. 思い|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

輝き




「こんにちは」

小さな おんなの子の声が聞こえた

振り向くと小学校にあがったかどうかのおんなの子が一人で歩いていた

目が輝いている

私は裏通り沿いの生け垣を刈り込んでいた

「何してるんですか」

「何してると思う」

「ん〜 葉っぱを切ってるんですか」

「そうだよ」

「何でそうしてるんですか」

「伸びてきたからね、切ってるんだよ。髪の毛とか爪とか伸びてきたら切るでしょ。
 同じだよ、ほら きれいになってきてるでしょ」

「へ〜 すごいですね こういう風にするんですね あ
 ここに入っているのは何ですか」

私の腰に下げているハサミを取り出す勢いだ

「これはねえ 枝を切るハサミだよ ほら」  

生け垣を刈っている手を止めて、一枝パチッと枝を切って見せた。

おんなの子は、目を まあるくしている

何だか不思議な子だ。

そのこは背が小さい、1年生ぐらいかな

だけども何だか えらくしっかりしている

「何年生ですか」

「まだ2年生です」

まだなのか、と思った

早く次に行きたいのかも知れない

知らないことをたくさん知って大人になりたくてしょうがないのかな

そんな感じがする


それにしても圧倒されるほどのエネルギーだ

どんどんふくれあがってくる

カシカシと進む、刈り込み鋏の中に飛び込んできそうな勢いだ

とうとう 手を伸ばしてきて、生け垣に触れ始めたので手を止めざるをえない

「この葉っぱは 何だかとげとげしていて、あ 痛い」

「そうだね ヒイラギモクセイって言う名前でね 葉っぱが、とげとげしているんだね」

「へ〜 こんな葉っぱもあるんですね すごいですね〜」


一間考えた

ヒイラギだから当たり前だと思っていた


「そうだねえ こんな葉っぱもあるんだね」


そうだよ こんな葉っぱもあるんだ。

急に何もかもが、新しく鮮やかに感じ始めた

この子にはあらゆる物や事が新しく、型なんかにまったくはまっていない

当たり前なんか無いんだ、すべての物が輝いて見えているのであろう

それが伝わってきた


同じような物がたくさんあるように見える

同じような事が繰り返されているような気がする


そんな事はない

すべてが新しく、そして輝いている

その子に教わった


「さようなら〜」

「さよなら」





過ぎ去った方を見ると 


「こんにちは」


また 新しい何かがあるんだね






























  1. 2016/07/10(日) 06:25:49|
  2. 思い|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集
次のページ