庭潤日記

植木屋の日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

庭園学講座18

また京都に行ってきた

京都造形芸術大学の夏期講座だ
今年で確か5年目かな、3日間のとても濃い講座だ。


講座の内容は特にここでは伝えない。


おれは京都が好きだ


高校二年の修学旅行の時2日目クラス行動というのがあって俺たち2年9組は京都に行った
あの時、心を打たれた気持ちは今も変わらず、そして自分でもまだどこに心を打たれたのか分かっていない。


講座では非公開のお庭や建物を見学させてもらえることがある。
それはとても貴重な体験だ



いくらか細部を見る力がついてきた、いくらかだが。
しかしそれが邪魔をして10代の頃の素直な目を失い始めている。



ようはあら探しをしてしまうと言うこと


そんな細かいところはどうでも良い
問題はもしかすると文化なのかもしれない
高校2年の時、この街の景色を見て、文化のニオイがふぅ~っと伝わってきたのだろうか


今回少しだけど京都の文化にふれられたような気がする。

感動したと言うことだ。いや感動という言葉で簡単にまとめたくはない。



思い出したあの感じ




文化とはなんであろうか


時の流れ 今。今というのは前があるからある。
先というのは今があるからある。

これを浅くするか深くするかは今にかかっている。








やらなければならないことがある、真剣に生きたい。





良き仲間と共に


























上七軒
                           撮影・オフィス萬葉 







スポンサーサイト
  1. 2011/08/29(月) 19:19:42|
  2. 学習|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
  5. 編集
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。