庭潤日記

植木屋の日々の出来事

まちあわせ

ほんとうに何でもない事だ


ついこの間の事、雨の日の昼下がり

うちの近所を車で走っていたときの事だ

なつかしい光景を見た

ちいさな子ども達が傘を差して歩いていた

民家の間を通り抜ける小川に橋がかかっている、そこを渡るとすぐに間知石の石垣が見えてくる

その上には畑が広がっている

子ども達は、その橋を渡っているところだ

脇にあるお地蔵様の横に、ひとりのおんなのこが傘を差して待っていた

あたりはしっとりと雨で濡れている

傘を持つ反対の手には みな手提げカバンを持っている

習い事にでも行くのであろうか



どうやらそこで待ち合わせているようだ


ゆっくりと雨の降る中 静かに待っている

ゆったりとした時がそこにあるように感じた

おんなのこ達には、きっといろいろな物が見えている様な気がする

どんなにおいを感じているのであろうか

携帯電話を持っていたらこんな時は過ごせないね

雨のにおい 秋のにおい 色 友達を待つゆとり 


なつかしい光景  まちあわせ











  1. 2013/10/28(月) 00:26:09|
  2. 何でもないこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
  5. 編集
次のページ