庭潤日記

植木屋の日々の出来事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

春も哀れかな

今 まさに萌葱の時

武蔵野に浮かぶ森の梢は、まさに まさに、その時である


二月の始め、立春を過ぎると、森は すこーしずつ、水をあげてくる

その梢は、少しずつ 少しずつ、日に日に、赤みをおびて太くなって行く

そして 今 全力で若葉を吹き始める

どんなに寒が戻ろうが、誰もこれを止めることは出来ない

喜ぼうが 惜しもうが 春を止めることは出来ない


これはこれで、なんと せつなく 哀れなことであろうか

秋の散りゆく木の葉だけではない




二十年ほど前のこと

旅先で一人の同世代アメリカ人と出会った

名前も顔も忘れてしまったが、なんともせつない目をしていたことは覚えている

その彼は私に「哀れとは何か」と言うようなことを英語で尋ねてきた

「哀れって言ったら、みっともないことじゃねえか」と私は日本語で応えた

すると 何やら写真を見せながら

「日本のこう言うような情緒が好きなんだ」

と言うようなことを また英語で語ってきた

その写真の事も、今 覚えていないが、散りゆく情景が映し出されていたような気がする

そして そこにいた数名でそのことについて語り合った




あれから 二十年ほどすぎた



そして この今 

この美しい春に この とりとめもない春に

わたしは 哀れびを感じている



















スポンサーサイト
  1. 2017/04/11(火) 19:04:26|
  2. 思い|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。